税所技建株式会社

TOP > 工種紹介 > 工法紹介

工種紹介
CDM-FLORT

工法紹介

ABOUT CDM-FLORT
Part.1

CDM-FLORT工法とは

CDM-FLORT工法とは

河口部、内水面などにおいて台船に陸上CDM機を搭載して、 潮位管理機能システム管理装置(CDM-FLORTシステム)により施工する工法です。

CDM-FLORT工法は従来のペン式レコーダーによるオシログラフ管理に変わり、潮位管理機能付きシステム管理装置(CDM-FLORTシステム)により水位補正を自動管理できる工法です。施工中の潮位管理だけでなく、出来高記録として処理機の先端深度のDL表示が可能で、電子納品にも対応しています。

Part.2

CDM-FLORT工法の特長

CDM-FLORT工法の特長
  • ① 従来のペン式オシロ管理に変わり、品質・出来高をリアルタイムで自動管理
  • 全ての陸上機搭載台船方式深層混合処理工(CDM工法)に対応します。
  • ② 狭隘な運河・河川部などでの施工が可能
  • 専用船での対応が困難な場所での施工が可能です。
  • ③ 潮位管理機能付きシステム管理装置(CDM-FLORTシステム)を使用
  • 現場潮位を入力し、潮位による水位補正をシステム管理装置により自動補正し、処理機の先端深度が指定の工事基準面で正確に記録できます。
  • ④ 電子納品に対応
  • 出来高日報、杭打設結果表がデジタル出力可能で電子納品にも対応します。
  • ⑤ 汚濁防止枠により水質汚濁の拡散を防止
  • 処理台船に取り付けられた汚濁防止枠の中で攪拌混合されて固定処理されるため汚濁の拡散が防止されます。
  • ⑥ GPSや光波による作業船自動位置決めシステムの採用が可能
  • GPSは、固定局と本船は衛星より電波をキャッチし打設位置座標を求め、正確な位置決めが出来ます。
Part.3

CDM-FLORT工法の用途

  • CDM-FLORT工法用途・1
  • CDM-FLORT工法用途・2
  • CDM-FLORT工法用途・3
  • CDM-FLORT工法用途・4

なお、本工法は特許工法であり、下記の特許を基本としています。

  • CDM工法特許 登録番号
  • 特許第2808367号
  • 特許第3156050号
  • 特許第3072402号
  • CDM-FLORT工法
  • 特願 2006-278617号
TOPへ戻る